スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と子どもの日

昨日は、娘に頼んで「かしわ餅」を買ってきてもらった。

「決して、べこ餅ではなく、かしわ餅」―

べこ餅派には申し訳ないが、かしわ餅だけを思う存分食べたかった平成24年の5月5日。
がしかし、近所のスーパーにはオンリーかしわ餅はなく、「べこ餅はダメ」と刷り込めれた娘は、さくら餅とのセットを買ってきてしまった。

・・・・・べこ餅で良かったのに~ さくら餅派には申し訳ないが、
かしわ餅> べこ餅> さくら餅
これが平成24年の5月5日の自分の中のパワーバランス!

まぁさくら餅も大好きなんだけどね、みんなで美味しくいただいたわ。

さくら餅も入った子どもの日お餅セット

言い訳がましいが、子どもも大きくなり、部屋も手狭で、七段飾りのお雛様を出していない。
でも節句の和菓子があるだけで、その祭事を思い出すことができるし、参加した気にもなる。
繊細な季節を表現する和菓子―日本の食文化は芸術だ。

さて、由来好きな自分としては、子どもの日の由来もしたためておかねば。

【子どもの日】
昭和23年、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨に、祝日に制定された。もとは端午の節句。


終戦の混乱がつづく時代に、男の子の健康を祝う祭事を子ども全体にし、そこに母親への感謝を入れる、なんて粋な計らい。この気持ちをずっと持っていれば、戦争は起こらなかったはずなのに、、、
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。