スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は室蘭工業大学オリジナルジンギスカン鍋を知っているか

道産子のソウルフード・ジンギスカン!
自分が子どもの頃は、親戚や知人が集まると必ず主役はジンギスカン。

今と違って焼肉(牛肉)なんか気軽に食べられた時代じゃないから、肉と言えばジンギスカンで、ご飯何杯も食べられた。

大阪の家庭で必ずたこ焼き器があるように、北海道の家庭にはたこ焼きを半分にしたような、ドーム型のジンギスカン鍋が必ずあった。もはやジンギスカン鍋は、北の花嫁道具の一つと言ってもいいくらいに。

で、室蘭工業大学ものづくり基盤センターが中心となって企画・立案し、大学生協で販売する『ジンギスカン鍋』というものがある。
これが、鍋の中に北海道があり、鍋縁には「室蘭工業大学」という刻印があしらわれている。

見た目のインパクトも相当なものだけど、この鍋は工業都市でもある「鉄のマチ」室蘭だからこそできたのだ。
北海道の地形もロゴマークも、鋳鉄を使い焼いた肉や野菜が焦げ付きにくく工夫が施されている。
鉄のマチで息づく技術を感じさせる~

でこのオリジナル鍋は直径20㎝程なのだけれど、大勢で食べるには小さいとの声もあり、この度5㎝増しの大判タイプが登場したのだ。

(例)
Aタイプ(送料込み)/北海道内  3,000円 、北海道外  3,300円

実物はコチラ

<ご注文・お問い合わせ>
〒050-0071 室蘭市水元町36-8
室蘭工業大学生活協同組合 パレット バラエティ
TEL 0143-44-8755
FAX 0143-45-2757
【受付時間】平日・土曜日10:00-19:00

さらに一度に50人前の調理が可能な、直径1mを超える超特大ジンギスカン鍋もあるのだけれど、特注なのでそれなりのお値段。。。

これ、わが家にも欲しいけれど、道外の親戚や知人への贈り物にイイ!
あと、本物のジンギスカンとパックで5,000円セットとかも出してくれれば一石二鳥だと思うんだけど。

ちなみに自分は、胆振の太平洋側のまちで育ったのだが、ジンギスカンはタレがついてないタイプだった。
夫が道東出身で、帰省すると当たり前のようにタレ付ジンギスカンが出てきて、はじめのうちはためらったものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ご当地グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。