スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『北のカナリアたち』道内ロケはじまる!

12月から、東映創立60周年記念作品 『北のカナリアたち』の北海道ロケがはじまった。

「北のカナリアたち」は、日本最北の離島を舞台に、ある小学校の先生と生徒に起きた悲劇の真相が、20年を経てから一つずつ明かされるというヒューマン・サスペンス。
原案は、2010年に映画化されその衝撃的な内容で原作・映画ともに大ヒットを記録した「告白」の著者、湊かなえの「往復書簡」に収録されている「二十年後の宿題」

往復書簡往復書簡
(2010/09/21)
湊 かなえ

商品詳細を見る


礼文・利尻島の壮大で美しい大自然も作品の一部で、厳冬と初夏の2期に渡って、一年以上に及ぶ一大ロケーションを敢行する予定。

タイトルに付けられたカナリア。じつは、6人の子ども達の歌が物語の重要な要素になっているそう。
このため、"天使の歌声を持つ子役オーディション"が行われ、全国約3,100名の中から幼少期の6名が選び出された。

そして20年後の教え子達がじつに魅力的!
森山未來、満島ひかり、勝地 涼、宮あおい、小池栄子、松田龍平なのだ。

さて、気になる北海道ロケの情報。
まず、2日に札幌でクランクインし、10日から稚内でのロケが始まった。
稚内港湾施設の構内で、主役の吉永小百合さんや小池栄子さん、市民や同社社員のエキストラ約20人が出演した。

出演者やスタッフは稚内に14日まで滞在、また豊富のサロベツ湿原センターでは、同センター職員になった元教え子役の満島ひかりさんを吉永さんが訪ねるシーンを撮影する。


これを記念し、稚内でも動きがある。
T・ジョイ稚内(再開発ビル「kitacolor」内)では、「北のカナリアたち」に関連した作品のミニ映画祭が開催されている。第一弾は、吉永小百合さん主演の「華の乱」

◆上映スケジュール【1日1回上映】
日 程 12/9 ~ 12/16   
時 間 午後7時10分 ~ 
料 金 500円


それにしても最近、北海道ロケがじつに多いなぁ~
稚内というのは、道内の中でも特有な自然を有し、とくに宗谷丘陵などは見た事もない風景だと先日知人から聞いたばかり。
自分もすっごく興味がある地域で、こういう方法で全国に知られるのはうれしい限り。
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ロケ情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。