スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藻岩山麓通1

イタリアがある。京都もある!?
藻岩山麓タイトル
碁盤の目に整備された札幌中心市街地を眼下に、藻岩山ロープウェーから円山に向って、変化に富んだ丘陵を貫く藻岩山麓通り。
ちざきバラ園から旭山記念公園までは、「伏見グルメ街道」やら、「イタリア通り」などと呼ばれ、
店主こだわりの個性的なショップがつぎつぎにオープンしている。 

洗練ショップはもちろんのこと、小道に入ると行き止まりに突きあたったり、さっぽろ発展の歴史がかいま見えたり、。なにより世界中でこれほど原生林が残されているまちは珍しいのだそう。

緑や花などを愛でながら、山麓通りをゆるりLet's Go!!


まずは藻岩山ロープウェー付近から。

ろいず珈琲館 旧小熊邸
札幌市中央区伏見5  011-551-3939
旧小熊邸
昭和2年、北海道帝国大学(現北大)農学部の小熊捍博士邱として、建築家・田上義也が設計。
昭和初期のモダニズムがすみずみに感じられる、趣ある邸宅。
札幌市南1条西20丁目に建てられたが、その後所有者が変わり存続について協議され、市民の熱い要望で平成10年、藻岩山ロープウェイの乗り場横に移築。喫茶店として蘇った。
小熊邸を取り囲むように広がる伏見東緑地も、都市の中の森という風情でここ全体が異空間のよう。

ヒルサイドクラブ迎賓館
札幌市中央区伏見4-1-13  011-522-0170
最近できたヒルサイドクラブ迎賓館
完全貸切の結婚式場。
中にはプールやガーデンもあるのだそう。欧米か!

伏見稲荷神社
伏見稲荷神社
「ここは京都伏見稲荷?」と見まごうばかりの、鎮守の森に幾重にも連なる鮮やかな真っ赤な鳥居。
それもそのはず、伏見稲荷神社は、明治17年に京都伏見稲荷神社の分神を南5条東1丁目に奉ったのが起源とされ、明治31年には琴似村十二軒(現・西区山の手)、その後明治40年に現在地に移設されたのだそう。
ところで、神社の入り口は通りに面し、車が間髪入れずビュンビュン走ってます。
となりはパフェ専門のカフェ、MISSU HOUSE (ミッシュハウス) 札幌市中央区伏見2-2-20 

イル・ニード
札幌市中央区伏見1-4-16 011-562-3666
イルニード
伏見稲荷の向かいには、美味しいケーキ屋さん。

鬼はそと福はうち
札幌市中央区伏見1-3-11
鬼はそと福はうち
カレーうどん屋さん(鬼はそと)。といっても、夜はしゃぶしゃぶ・すき焼きのお店(福はうち)。
とにかくカレーうどんの評判は札幌一では? クリーミーなピリリ感覚を、ぜひご賞味あれ!
鬼はそと福はうちのカレーうどん
窓側テーブルからは、札幌市街が一望できます。  

SUVACO
札幌市中央区伏見伏見1丁目1-27  011-520-5757
SUVACO
1階がカフェ、2階は子ども服。とにかく建物がこじゃれてる。
これはお店の裏側。山麓通りからの眺めさえ、ほらこの通りのおされ具合!

チャイニーズカフェ シュー・シノア
札幌市中央区伏見2‐2-2  011-552-3577
シノア
*残念ながら、東区に移転

藻岩山麓通2につづく)
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌グルメスポット 藻岩山麓

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。