スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道メロンはどれが旨いか

少し前になるけれど、今年も夕張メロンの初競りで1箱(2玉入り)100万円という、最高値が付けられたのは記憶に新しい。

夕張メロンは、北海道が果物でも頂点を極める事ができる能力を持つ産地なのだと証明してみせたメロンの王様で、特別な農産物ブランドだ。



しかし北海道の美味しいメロンは夕張だけかというと、そうではない。
むしろ美味しいメロンだらけだ。

高価な夕張メロンは日常的には食べられないけれど、わりと手頃な値段で夕張メロンに劣らぬブランドがたくさんあるのだ。


「北海道」「メロン」と検索すると、夕張メロンを押しのけて上位を占めるほど、口コミでその美味しさが広まり定着した富良野メロンは、自分もよくお中元に贈るほどで、糖度は夕張メロンよりも上というほど、甘い甘い赤肉!




そしてメロンの王様・夕張メロンを品種改良したのがむかわ町が誇る穂別メロン。
上品な甘さが特徴の赤肉メロン。




明治期は「キンカウリ(金甜瓜)」「ギンカウリ(銀甜瓜)」と呼ばれ、大正末期は「カンロウリ」(甘露瓜)と呼ばれる「三笠カンロ」を作りつづける三笠市。
開拓期からつづく瓜づくりの技術を生かし、生み出された三笠メロンはもはや市民の誇りでもある。

甘い赤肉も美味だが、地元民には青肉に親しみが深いと聞く。
むかしから舌が覚えてる、青いメロンの懐かしい味がする。




もう一つ、空知のフルーツの産地といえば月形町。スイカも旨い!
月形メロンには、赤肉が「北の女王」、青肉は「月雫」という、お洒落な日本酒のようなネーミングのブランドもある。

でもやっぱり馴染み深いのは、月形産キングメルティー。
スーパーで売られている手頃な青肉で、甘すぎない上品な甘さは、メロン通もうならせるほど。

【19】月形メロン(ルピアレッド)2玉

【19】月形メロン(ルピアレッド)2玉
価格:3,500円(税込、送料別)



今夏は、道の駅ができた新篠津町に遊びに行こうと思ってるので、新篠津メロンにも手を伸ばそうと思う。
夏の王道デザートともいえる、メロンやスイカ。何気なく食べているけれど、その産地を記憶しておくと、改めて農業王国・北海道の底力が舌を通してわかる。
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。