スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂川ハイウェイオアシスのアジサイ

砂川市は、知る人ぞ知る、あじさいの町。

この夏、ハイウェイオアシスに、アジサイガーデンを発見してしまった!
ハイウェイオアシスのアジサイ
大好きな花だったので、テンションは上がる。

しかも色とりどりではなく、1種類の押さえた色調のアジサイがダーッと並んで咲く様は、周りの木々に溶け込み、とてもシック!
日本ではないようなセンスの良いガーデン

砂川市内のアジサイは、砂川遊水地のオアシスパークも必見の美しさ!
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 観光名所 ガーデン アジサイ 砂川市

「マッサン」の余市ニッカウヰスキー工場

大分前のことだが、余市町のニッカウヰスキーに行ってきた。
いわゆるこれが、大人の社会見学というものだ。

余市町に入るやいなや、「マッサン」と書かれたノボリがあちこちに立てられていた。
「マッサン」とは、9月29日からはじまるNHKの朝の連続テレビ小説の新シリーズ名で、ニッカウヰスキーの創業者で、「日本のウイスキーの父」こと竹鶴政孝のイギリス人の妻・リタが、政孝のことを「マッサン」と呼んだことから名付けたそう。

まっさんとリタ
ちなみにこれがまっさんとリタ。

肝心のニッカウヰスキーは、とにかく素晴らしい産業遺産だ!
ニッカウヰスキー工場の玄関
工場というより、中世のお城のような佇まい、、、

ニッカウヰスキー工場内部1
中だってこの通り。
ウイスキーという、まるで欧米を象徴するような、大人で高級で粋な世界がそこに存在し、見学者を非日常に誘ってくれる。

樽で眠る黄金色の酔水。ウイスキーが眠る2
樽とか木の枠や床が、いちいちおしゃれ!
ウイスキーが眠る

確か竹鶴の家
外に出ると、一転してアーリーアメリカンな家々が点在する。
竹鶴の家、研究室等々。

メイン施設の2階では、自慢のスコッチワインが無料で楽しめる。
アップルワイン
札幌に帰らなきゃならないので、自分は余市ならではのアップルワインを、炭酸で割っていただいた。
って、一口飲んだだけで喉がカッと熱くなるほどの、結構なアルコール度。
とても美味しい。これは贈り物にいい~~~
ニッカ アップルワイン 720ml×3本ニッカ アップルワイン 720ml×3本
()
アサヒビール

商品詳細を見る


これだけ満喫して無料なのだから、余市工場は素晴らしい。この町に住みたいぐらい。
この日も、平日に関わらず外国人観光客を中心に大変な賑わいだった。

さて、朝の連続テレビ小説「マッサン」は、日本初のウイスキーづくりに挑戦するマッサンと、国際結婚が珍しかった時代のリタの奮闘ぶりとを、明るく描くラブコメディだそう。
ほんと、吹き出すぐらいカラッと元気な朝ドラにしてほしい。視聴率は良かったけど、何が描きたかったのかわからず中途半端な印象の現作のようにならぬよう。

そうそう、余市工場には、まっさんと仕留めたヒグマの2ショット写真が、これでもかというぐらい各所に飾られ、最後の方では、「ここでも出るのかい!」と吹き出したほど。マッサンは、きっと明るい人だったに違いない。
なんでもまっさんは、ヒグマ狩りが趣味だったそう。

ヒグマとの2ショットシーンが見られるかどうかはわからないけれど、余市とマッサン役の玉山鉄二に期待!
後期の朝ドラが秀逸だと、嫌な冬に楽しみができるからうれしい。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 観光名所 ロケ情報

今夜のお見合い大作戦は日高町!

毎週火曜日午後7時から放送中のTBSバラエティ番組『もてもてナインティナイン』の人気企画、お見合い大作戦!
私も含め、家族全員がこの企画が好きで、毎回、嫁不足に悩むまちの純朴な素人さんたちの短いラブ・アフェアに、一喜一憂している。

じつは以前開催された佐呂間町で、見事カップルになったとある方がかなり遠い知人で、昨年末にゴールインしたという話を聞いたものだから、「やらせなし」のこの企画のますますファンになった次第。

そして今夜7月16日は、ついに、わが北海道の日高町で行われたお見合いの放送日でございます!!!
待ってた、待ってた~

日高町と言えば、なんと言っても国内きっての優秀なサラブレットの産地である。
広大な牧場と、自由に駆ける若い駿馬たちの美しいフォルムが、本当に絵になる。

日高のその風景は、外国のような非日常性を感じつつも、ある意味これもまた北海道を代表する観光資源なんだと思う。

そして、発祥の地と言われる特産品の美味なシシャモ!
ああ、また行きたい~~~

今回は、日高イケメン四天王やら、大牧場跡継ぎやら、国立大出身インテリなどが登場し、短い夏の恋に火花を散らすらしい。

今夜はがんばって早く帰らなきゃ!

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 日高町 お見合い企画

気になる三笠!

凄まじい年末寒波の中、北海道の2013年は明けたわけだけど、年末のテレビの特番を見ていて、すっごく気になったことがある。
午後7時から9時頃までの、いわゆるゴールデンタイムに盛んに流れた三笠市のCMである。

内容は、多分、三笠市への移住を促進するものだったと思う。
三笠では、こんな子育て支援をしているとか、
三笠では、高校生がシェフやパティシエを目指してがんばっているとか(三笠高校食物調理課)、
そういう政策を軽やかに魅せる、爽やかな内容だった。

これって、全国的に放送されたのかな?

移住促進CMすら、ほとんど見かけないこの世知辛いご時世の、市の予算も限られてた中で、すごくアグレッシブな姿勢に共感した。

で、市のまちづくり計画を見てみると、三笠市では平成24年度から平成33年度までの10年間、「誇り」と「挑戦」をまちづくりの基本姿勢とし、「誰もが暮らしてみたい田園産業都市」と「日本一安心して誰もが住み続けたいまち」を新たな都市像に掲げ、目標の達成や施策の推進に向けて、全力を挙げて取り組むべき重要な指針として作成されたそう。

そういえば、原発事故で火力発電に使う石炭の需要が高まり、道内最大規模の三笠市の露天掘り炭鉱がフル稼働だというニュースを聞いた事がある。

また三笠は、知る人ぞ知るフルーツの産地で、特に三笠メロンは美味しいブランドメロンとして知られている。

さらに、市の母なる幾春別川上流は大きなアンモナイトが見つかる世界的産地であるし、幾春別川自体もカヌーやラフティングを市民が気軽に愉しむことができる水上スポーツ&アウトドアのメッカなのだ。

三笠市立博物館
三笠市立博物館

自分も三笠にはよく行くが、秋に富良野へ向かう途中で出会った風景がこれ。
三笠市内の銀杏並木
三笠市イチョウ並木

知れば知るほど、魅力いっぱいの三笠市なのだ。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 観光名所 三笠市

道産子のソウルフード・揚げいも

今放送中の「どさんこワイド179」が、羊蹄山麓のまち・喜茂別町の「郷の駅 ホッときもべつ」から生中継していて、新鮮なメロンや野菜を取り上げている。

喜茂別町は今年GWの洪水で、路面の冠水と土砂崩れが発生し、札幌市南区定山渓から喜茂別間の大動脈・国道230号が全面通行止めとなり、観光面を中心に大打撃を受けたことは記憶に新しい。
今は解除されているが、番組はそうした事情を考慮した喜茂別町応援企画的な意味合いが深い。

あの通行止めになった先には、子どもの頃から何度も通った中山峠があり、今は「道の駅 望羊中山」なんて、こじゃれたネーミングになったが、当時からドライブインがあり、そこで売っていた揚げいもやいももちを必ず食べたっけ。

これがまあ、絶品の旨さ!
とくに揚げいもの、あの男爵のほんのりとした甘さは、嫌いな人なんていないのでは。
ああ、食べたくなってきた~



うん、これが北海道グルメ、やっぱり素材の旨さが命だと思う。
最近、なかなか中山峠を通るような用事はないけれど、あの味は世界中に知ってほしいな。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ご当地グルメ

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。