スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やめられないとまらない

ロイズの「チロルチョコ」。
ロイズチロル1

セブンがあると、つい買ってしまうが、
友達は、自ら電話を入れ、1箱お取り寄せしたほどのツワモノ。
ロイズチロルの中

あの、外側のチョコを噛んだあとにくる、生チョコのふんわり感&品の良い甘さがたまらない!
2回目噛むと、「ん? どこ行った?」と、後味もそれほど残さず消えてしまう儚さが、また、足をセブンへと向かわせてしまう。

「オーレ」より、手頃なのも良い感じ。
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 札幌市 ロイズチョコレート チロルチョコレート

石炭のまちならではの…

「たんどら」
たんどら
夕張市の知る人ぞ知る、ご当地スイーツ(黒いどらやき)。黒は石炭をイメージ。

「メロンあん」「あずきあん」「かぼちゃあん」「チョコチップ入り生クリーム」の4種類が製造されている中で、チョコチップ入り生クリームを買ってしまった、、、
生チョコレート味
ここはやっぱ、メロンやかぼちゃ、あずきといった道産ものを食べなきゃならないのに、好みが上回ってしまう~

道の駅『夕張メロード』にて購入。特産品が多いから、それにあやかったご当地商品もたくさんあって、どれにするか迷うほど。

それにしても、町の入口にメロンハウスが広がり、山の上に向かってどんどん上がっていくと市の中心部があるという、通常のまちとは真逆で細長ーい夕張市はユニーク!
観光案内所。凶暴な夕張めろん熊のぼり
夕張駅は、本当にずいぶん上ったところに位置し、そばにはホテルマウントレースイ(スキー場)がある。
駅は、観光案内所にもなっている。凶暴すぎる夕張めろん熊ののぼりが目印!

そうそう、正真正銘のご当地グルメ・夕張カレーそばが、市内のおもな飲食店で提供されている。
かつて、炭鉱マンに愛された味を復活させたそうで、B-1グランプリに本格参戦するとか。

ちなにもわたしは、この駅のとなりにあるバリー屋台で、夕張ラーメンをいただく。ここでも、ご当地よりも好みが勝ってしまう、、、
そばやラーメンからエスニックにカフェなどなどあって、どんな好みにも対応してくれる。

夕張シューパロダムも完成し、ちょっとしたドライブにオススメの元気で可愛らしい街。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 夕張市 たんどら ご当地グルメ

ルタオのプチショコラ・ストロベリー

ちょっと今年は、休日の充実に力を入れようと思い、
第一段として、2日、初売りでにぎわうさつえきに行き、娘のものを中心に買い物をしてきた。

そうそう、ユニクロのヒートテックがこの日まで半額ということで、それ狙いもあり。
レジ待ちの行列がトグロを巻くほどで、ビックリした。
20分強、並んだのかな~

長年生きてきてるけど、初売りも、レジで20分以上並ぶのも初。
なんだか今年は良い年になると、一人思う。

そうそう、ルタオのプチショコラも初体験した。
ストロベリーをいただいたのだけれど、某老舗菓子店の同様のチョコが酸っぱくて、あまり美味しくなかった記憶がよみがえり、身構えるも、わりと食べやすくて好印象。
ルタオのプチショコラ・ストロベリー

ドライフルーツって、なかなか扱いが難しいと思う。

あと、店頭でやたらに陳列しているので、思わず買ってしまったニッカのリタ・ハイボール。
ニッカのリタハイボール缶

こちらはストロベリーじゃなく、リンゴの風味がして、本格派なんだけど竹鶴ハイボールよりはきっと飲みやすいのだろう。
余市といえばリンゴ、余市といえばマッサン。

ウイスキーは、冬はホットにして飲むと、身体がポカポカ温まる。
その際、ハチミツやレモン、それこそドライフルーツを入れると女性にも飲みやすい。

あんまりいじると、ドラマ同様、スモーキーフレーバーが消えてしまうと、竹鶴さんに怒鳴られそう。
今週は、大将との決別、そしてようやく余市工場へと話が動く。

2月21日(土)、小樽で収録される土曜スタジオパークからこんにちはに、玉山さんとシャーロットが出演するそう。
北海道、盛り上がりそう。

今さらながら

morimotoの人気商品「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー」をいただいた。
太陽いっぱいの真っ赤なゼリー

口当たりはひじょうにまろやか。トマトはやっぱり北海道産。
商品説明には、「豊かな甘みとコクは、トマトというよりフルーツそのものです」とあるけれど、私には「フルーツというより濃厚なトマトそのもの」な感じがした。
自分のようなトマト好きはいいけれど、結構多いトマト嫌いには辛いかも。ギフトにする時、その辺に注意が必要。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 お土産

おかしなお菓子

今夏いただいた、おもしろい・・・じゃなくて美味しいものを紹介。

まずは、北見名物「熊のまくら」
北見銘菓の熊のまくら
まくら=枕のこと。
中身が見えないし、一体何なのだろうと開けたら~
本当に山親爺が昼寝しそう
なるほど、まさに山親爺が昼寝しそうな形と色!
ここ数日札幌南区に出没する彼も、森で大人しく寝てほしいもの。

これは北見にある名店のオリジナルで、この店に行かないと手に入れることができない、いわばレアもの!
味は、生かりんとうのような、和的なドーナツのような、柔らかくて素朴な甘さがくせになる。
黒い色は、黒蜜と思われるが、地元民にすこぶる評判がいい。

ちなみに北見では、最近ご当地グルメとして「塩焼そば」が毎年グランプリに参戦してるようだが、これは某旅行雑誌社が考案したもので、地元では話題にすら出ない。

●圓泉堂菓子店 (まるせんどう)
 北見市相内町135


次は洋菓子。
しかも有名な堂島ロールの、シンデレラロール!
おしゃれな堂島ロールのラッピング
こじゃれたブランドで買い物したかのような、ショッピングバックがシンデレラ心をあおる。
ふわふわした食感がたまらん
ふわふわしたスポンジ、甘さ控えめな生クリームの中にイチゴや桃などフルーツが入っている。
フルーツケーキが苦手なわが家だが、これはフルーツの味が全体を邪魔せず、アクセントになっている。
評判通りの美味しさだった。

連日30度超えがつづくと、塩分が必要になるから、甘さもこれぐらいにバランス良く摂取して残暑を乗り越えたい。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 スイーツ ご当地グルメ

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。