スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足尾から来た女のロケ地の一つに開拓の村

先週の土曜の夜、「カーネーション」で大ファンになった尾野真千子さん主演「足尾から来た女」を観た。

あらすじはこうだ。

明治末の栃木県谷中村は、足尾銅山の鉱毒で田畑を汚染され、村の人口は16戸にまで激減。
オノマチ扮する谷中村の娘が、郷土出身の政治家・田中正造の仲介で社会運動家・福田英子宅に家政婦として派遣された史実をもとに、一人の女性が見知らぬ東京の地で、石川三四郎や幸徳秋水ら社会主義者たち、さらに石川啄木や与謝野晶子など多彩な人物と交わる中で成長しつつ、たくましく生きる姿を描くというもの。

昨夏の「夫婦善哉」同様、単純にオノマチ目当てに観たのだけれど、これがかなり自分に少なからず関わっている内容だったことに驚いた。

まず、この栃木県谷中村が、自分が良く知っていて、最近ではラムサール条約に湿地登録された渡良瀬遊水地の1/3を占めていたこと、谷中村の住民の一部が佐呂間町に集団移住したこと、最後にこのドラマのロケ地の一つが北海道開拓の村だったことである。

自分がはじめて遊水地というものを知ったのがこの渡良瀬遊水地で、いつかは行きたい憧れの水辺の一つだ。
今は治水施設で知られる遊水地だけれど、ここは公害が発祥という、日本のある時代というものを今に伝える特別な場所ともいえる。
過去にそんなことがあったなんて、まるで思えないほどのサンクチュアリーだということも、なんだか感慨深いものがある。

そして佐呂間町への移住も。
入植したのは旧谷中村の十数戸を含66戸約240人で、明治44年に佐呂間町に移って佐呂間町栃木という、新しい自分たちの故郷を力強く開拓し、子孫の多くは今酪農業を営んでいるそう。

数え切れないほど行っている佐呂間で、こんなに北海道らしく素晴らしい物語があったなんて、、、まさにフロンティアスピリット! 自分の中の道産子魂がうずくってもの。

最後は、子どもが学習でよく行っている開拓の村。よくロケが行われるそうで、秋頃に「こないだもロケでいろんな俳優さんが来てたらしいよ」とか言っていたのだけれど、まさかオノマチが居たなんて(涙) 

そうそう、大事な本編の感想を。
先週と今週の全2回だけなのがとても残念なほど、目が釘付けになる面白さ。内容の濃い、骨太で見応えのあるドラマは、これぞNHK!
映像もきれいだし、役者陣の緊迫感溢れる演技がすごいの一語。
その中でも、やっぱり尾野真千子は素晴らしい~ 

さて、今週25日(土)が後編で最後。
今度は、開拓の村がどこで出てくるのかとか、いろんな思いを持ちながら観てしまいそうだ。
こういう点も、オノマチに感謝だな。ますますファンになった。
スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ロケ情報 佐呂間町

海の上の診療所最終回は小樽!

こう言っては失礼かもしれないけど、
パッとしない二世タレントたちが徒党を組んでバラエティ番組に出演するという、一つのジャンルが確立したなか、

本人は言うまでもなく素晴らしく、かつ、そのDNAが凄まじいという、ある意味、奇跡ともいえる遺伝子物語を現在進行形でみせてくれているのが、故松田優作氏の忘れ形見、松田龍平さんと松田翔太さんの活躍だ!

お父さんは、私世代にとって伝説だから、いろいろと比べられたり大変だろうと思うけど、そんなことはみじんも感じさせない清々しい魅力と確かな演技力。

2人ともいい男なのは間違いないけど、育ちの良さと、相反する、お父さん譲りの狂気が共存している点が役柄の幅を大きく広げていると思う。

デビュー時から、その才能がどんどん開花していく様を、親戚のおばちゃんのように見ていたから、
去年の「あまちゃん」は毎日のようにそれに接することができてうれしかったし、今はもちろん「海の上の診療所」だ。

その「海の上の診療所」は来週23日(月)に最終回を迎えるが、そのロケ地がなんと小樽なのだ!

さっき番組宣伝で、翔太さんが「僕も大好きな北海道で~」と言っていて(涙)、
これは「半沢直樹」や「リーガル・ハイ」とは言わなくても(堺さんも大好物!)、「せめて某ニーズ事務所のスターが演じたアンドロイド超えはさせてあげたい!」と思い、ブログをアップした次第。

ただ、番組の公式ホームページには、小樽ロケのことはあまり触れてはいない。
なんでも、副理事長の指示で契約が満了した翔太さん演じる航太が、みんなに別れも告げずに海診丸を降り、その後消息不明になり、、、

そこにどう小樽が絡んでくるのか、道産子としてはかなり気になる展開だ。

それにしても、ロケ見たかったなぁ~ 
今週の金曜日あたりだったようで、武井咲ちゃんも来てたみたいで残念~

とにかく、イブイブの23日の祝日午後9時からは、このドラマを見て過ごそう!
小樽運河も出てくるようで、テンション上がるんだろうなぁ。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 観光名所 小樽市 ロケ情報

銀の匙実写版映画が北海道でロケ中!

現在、週刊少年サンデーで絶賛連載中で、アニメ化もされた現在最高の漫画と評される、帯広農業高校を舞台にした国民的酪農青春グラフィティ『銀の匙』の、実写映画が来年3月に公開される。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
(2011/07/15)
荒川 弘

商品詳細を見る


うちの家族も原作の大ファンなのだが、なんと現在、実写版のオールロケが北海道で行われているのだ!
ロケの中心は酪農王国・帯広管内で3日から行われ、昨日26日には鹿追町での牧場での撮影風景が公開された。

気になるキャストは、主役の八軒勇吾役にはジャニーズ事務所「Sexy Zone」の中島健人さん、ヒロインの御影アキ役は広瀬アリスさん。

・・・

・・・

すみません。顔を見ても、名前を言われても、全然わからない。でも、原作よりも美形なのは確かでしょう~(今度は原作ファンに失礼かな?)

北海道での撮影は9月末まで行われるそうなので、この時期、帯広管内に行けば撮影現場に遭遇できるかも!?

なんたって、原作者の荒川弘さんは帯広農業高校出身なので、地元民ならではの視点も随所にちりばめられていることに期待する。

この映画に関して何か新しいトピックがあれば、また取り上げたいと思う。
それから、エキストラはすでに募集は終わった模様、、、

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 銀の匙 映画 ロケ情報

大地康雄企画・主演、絵本の里・剣淵が舞台の映画「じんじん」公開!

日本を代表する個性派俳優、大地康雄さんが企画・主演し、人口わずか3,500人余りの小さな町・剣淵町をメイン舞台に、心やさしき人々が紡ぐ無償の愛の物語を、剣淵町・上川エリア、宮城県・松島町ほかオールロケーションで描いた映画「じんじん」。

5月18日(土)から、北海道では札幌シネマフロンティア、シアターキノ、シネプレックス旭川で上映します。

仕事で訪れた剣淵町で、農作業の合間に「絵本の里」で子ども達に読み聞かせする地域の人々の姿に感銘を受けて映画化を志した大地さん。

一方、日本ではあの東日本大震災が発生。被災地には全国から多くの絵本が届けられ、読み聞かせのボランティアもたくさん被災地を訪れたと言います。

絵本でつながった剣淵と松島を舞台に、人の心の優しさと親子の絆を描く映画の実現に、多くの人が共感し応援団としてプロジェクトがどんどん動き、今回の公開に至るのです。

文部科学省選定、総務省の後援のスローシネマは、日本映画史に残ると評判のやさしい映画で、その実現の過程も人の絆を形にしたようなもの。
今後、全国への広がりも期待されています。

映画『じんじん』予告編 
http://www.youtube.com/watch?v=vVtODsJNnaY&feature=youtu.be

ちなみにこの映画は、『北の零年』、『レオニー』、『エクレール~お菓子放浪記~』と北海道をテーマとした映画製作に関わってきた(株)プリズムの4作目の映画だそうです。
また、映画の核となる絵本制作にはあべ弘士氏が参加という、メイド・イン・北海道な作品です。

5月18日の公開初日に、大地さん他主要キャストによる舞台あいさつ上映が決まりました!
*画像をクリックすると別ウィンドウでくわしい舞台あいさつの情報が見られます。
「じんじん」舞台あいさつ情報

なお、現在、北陸銀行札幌支店(中央区大通西2丁目)のロビーにて「じんじん」のパネル展が開催中!
パネルやポスターは勿論、剣淵コーナーとして絵本や物産サンプルも置いてあるそう~
公開日前日17日まで開催しているそうで、まずは「じんじん」のやさしい世界を予習できます。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 ロケ情報 じんじん 剣淵町 絵本の里

映画「抱きしめたい」網走ロケ真っ最中!

「どろろ」や「黄泉がえり」で知られる塩田明彦監督の新作「抱きしめたい」。

最初にタイトルだけ聞いた時、W浅野主演のあれが真っ先に浮かんだのは、自分にもバブルの残り香があるという証拠。
嗚呼、バブルは良かった、、、

あたり前体操だけれど、本作はバブルとはまったく関係ございません。
実話を基にした、とても素敵な道産子娘のお話だそう~
北川景子と錦戸亮主演で撮影が始まったが、なんと今月2月下旬まで網走ロケが行われているという。

(網走市役所HP)
映画「抱きしめたい」網走撮影について

映画の基となるのは、網走で起きた交通事故で記憶障害と左手足に障害を負いながらも、幸せをつかむために前向きに生きる女性の実話で、「記憶障害の花嫁 最後のほほえみ」というタイトルでTBSで放送されたそう。

女性がその交通事故に遭ったのは高校2年生。以来、記憶する力を失ったのだという。
この女性のその後を読みながら、本当に現実っていうのは想定を越える出来事が起こり、信じられないほどの試練を本人と家族に与えるものだ思った。

この運命を受け入れ、明日を信じて生き抜いた素敵なヒロインが、北海道にいたなんて。
北川景子さんには、大切に演じてほしいものです。

さて、もうはやネットでは、北見市のゼビオや東武デパート、網走市の夢灯台ほかホテルやスーパーなどでのキャストの目撃情報が流れてるよう。
もうちょっと早かったら、見れたのに~

残念ながら、網走市民のエキストラはもう締めきられたそう。
2014年じゅうに公開予定。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

tag : ロケ情報

プロフィール

ezonomamehuku

Author:ezonomamehuku
2005年からコツコツはじめたホームページから、のっぴきならぬ理由で、ブログへと引っ越してきました。

北海道の素敵な人、ガイドブックにはのらないかもしれないけど、ふと立ち寄りたくなる気の合う仲間に話したくなる場所などを、札幌在住の管理人がゆるりとアップしていきたいと思います。

何卒、おみしりおきを~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
送料無料がありがたい
訪問ありがとう
ようこそ~
いっちょ前のロゴマーク
ロゴ
検索フォーム
今人気の北海道旅行


北海道を食べる!




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。